2017年06月20日

チェコ・フィルハーモニー管弦楽団 指揮者変更のお知らせ

2017年10月1日(日)14:30開演 横浜みなとみらいホール
チェコ・フィルの「わが祖国」 チェコ・フィルハーモニー管弦楽団


以前の「芸協ニュース」でもお伝えしております通り、標題公演に出演を予定しておりました首席指揮者イルジー・ビエロフラーヴェクは5月31日に逝去いたしました。
改めて哀悼の意を表しますとともに、心よりご冥福をお祈りいたします。
これに伴い、チェコの最も優れた指揮者のひとり、ペトル・アルトリヒテルが日本公演の指揮を務めます。
アルトリヒテルはチェコ・フィルハーモニー管弦楽団でヴァーツラフ・ノイマンのアシスタントを務めた後、同オーケストラとは度々共演を重ね、今年5月に行われた「プラハの春音楽祭」ではビエロフラーヴェクの代役を務めました。

お客様におかれましては、何卒事情ご賢察のうえ、ご了承くださいますようお願い申し上げます。
尚、この変更に伴い、当初「途中休憩なし」と発表しておりましたが、変更の可能性がございます。
途中休憩の有無につきましては、恐れ入りますが決定後、弊社ホームページ等でご案内いたしますので、何卒ご了承くださいませ。

ペトル・アルトリヒテル(指揮)
altrichter.jpg
1976年ブザンソン指揮者コンクールにて第2位および特別賞を受賞。その後、国際的な経歴を積み始める。1978年にヤナーチェク音楽院を卒業し、25歳のときにチェコ・フィルハーモニー管弦楽団でヴァーツラフ・ノイマンのアシスタントを務めた。1987年よりプラハ交響楽団を指揮し、1990年に首席指揮者に就任。英国デビューとなった1990年のプラハ交響楽団とのエジンバラ音楽祭出演を皮切りに、1993年にはイギリス室内管弦楽団との共演でロンドン・デビューを果たし、さらに1994年にロイヤル・リバプール・フィルハーモニー管弦楽団を指揮して高い評価を受ける。その後、同団の首席指揮者に任命され1997年から2001年まで同職を務めた。英国ではほかにもBBC交響楽団、ロイヤル・スコティッシュ・ナショナル管弦楽団、ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団とも共演している。1993年からは南西ドイツ・フィルハーモニー交響楽団の芸術監督も兼任。2002年よりブルノ・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者、また2003年から2006年にはプラハ交響楽団の首席指揮者を務めた。
アルトリヒテルは、チェコの優れた指揮者のひとりとして、世界中でオーケストラを指揮し、主要な音楽祭に出演している。チェコ・フィルハーモニー管弦楽団とは度々共演を行い、2015年末から2016年にかけての中国ツアーで指揮、2017年5月に行われた「プラハの春音楽祭」では、ビエロフラーヴェクの代役を務めた。
posted by 神奈川芸術協会 at 17:00| 公演情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする