2016年03月25日

2016年02月29日

森麻季&林美智子 公演直前メッセージ!

2016年3月6日(日)14:00開演 横浜みなとみらいホール
森麻季&林美智子 デュオ・リサイタル


公演を間近!森麻季と林美智子からメッセージが届きました!

森麻季からのメッセージ
web用Yuji_Hori-01.jpg

3月6日公演に寄せて
“東日本大震災から、5年”
私には、もう5年・・という思いと、まだ5年・・という思いがあります。
この間に、何度か被災地を訪ねたり、その土地の方々とお話をさせていただきましたが、5年の月日が経っても、決して癒されることのない気持ちを今なお被災地の方々は持ち続けておられるだろうと思うからです。震災後すぐに、今回と同じ会場の横浜みなとみらいホールで演奏をいたしましたのは、つい昨日のことのように思い出されます。いらしてくださった皆さまと、東北へ思いを寄せて、ともに祈ったことを・・・。
5年という節目の年、ふたたび横浜みなとみらいホールで歌えるこの機会に、震災へ祈りをこめて「スターバト・マーテル」の全曲演奏をしたいという思いに至りました。「スターバト・マーテル」は私にとって大切な、大好きな作品であり、いくつもの美しい二重唱があります。また、全曲演奏はイタリアやドイツではさせていただきましたが、日本では今回がはじめての演奏になります。プログラムの後半はガラリと装いをかえて、明るい未来に祈りをこめて!華やかなオペラ・アリアをそろえました。
音楽家として、友人として、心から信頼する歌い手である林美智子さんと、私の音楽をいつも支えて下さるピアニスト山岸茂人さんと演奏させていただけることに感謝して。皆さまの心に響く音楽を届けることができるよう、精一杯歌います。どうぞ、お出かけくださいますように。

林美智子からのメッセージ

posted by 神奈川芸術協会 at 18:06| 公演情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月04日

相性抜群!樫本大進&コンスタンチン・リフシッツの演奏動画!

2016年2月19日(金)19:00開演 横浜みなとみらいホール
樫本大進&コンスタンチン・リフシッツ デュオ・リサイタル


いよいよ公演間近!樫本大進&コンスタンチン・リフシッツのデュオ・リサイタル!
相性抜群の2人の音楽を堪能できる動画が届きました!
高めあう2人の超一流…公演が待ちきれない!


(動画の演目ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第4番は、
本公演のプログラムには含まれておりません)
posted by 神奈川芸術協会 at 16:52| 公演情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月25日

期待の新星ハリトーノフ、チャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番で登場!

2016年2月21日(日)14:00開演 横浜みなとみらいホール
モスクワ国立交響楽団 ダニール・ハリトーノフ(ピアノ)



10代で頭角を表わす演奏家には、大きく2つのタイプがある。1つはいかにも達者な天才"少年少女"タイプで、もう1つは外面を気にせず"大人"の音楽を追求するタイプ。身近な例をみれば、ヴァイオリンの庄司紗矢香やピアノの小菅優など、後者の活躍がその後際立っているように思える。 ダニール・ハリトーノフもまさしく後者だ。1998年生まれの彼は、5歳でピアノを始め、僅か7歳でモスクワ・フィルと共演。2013年カーネギーホールにデビュー後は、ドイツやフランスをはじめとする20ヶ国の著名ホールで公演している。そして2015年のチャイコフスキー国際コンクールでは、当時弱冠16歳ながら第3位を獲得した。この経歴は、明らかに"天才少年"たることを示している。しかし2015年11月に東京オペラシティで行われた日本初リサイタルに接して驚いた。それは彼がセンスあふれる"大人"の音楽を聴かせたからだ。
ハリトーノフ新1極小.jpg
チャイコフスキー・コンクールで年長者に伍して3位を得るほどだから、テクニックはむろん申し分ない。それ以上に感心したのは、全音域ムラのない音、滑らかなフレージング、抑制の効いた表現、そして確かな構成力である。例えばベートーヴェンの「熱情」ソナタ。彼は、出だしから引き締まった音で耳を惹きつける。序奏から主部に至る表情の移ろいはきわめて繊細。ベテランでさえ荒くなりがちな主部も、コントロールされた音で明確に紡いでいく。全曲を通して弱音は瑞々しく、強音は濃厚だが割れることはない。しかも音楽に即して自然な感情がこもり、勢いや迫力も十分。第3楽章のクライマックスから終結にかけての高揚感が、熱い感動をもたらす。また、リストの「愛の夢」の甘美さも気品をもって表出。「ラ・カンパネラ」も細部まで緻密に描き、聴きなれた楽曲に新鮮な感触を付与する。変化に富んだ「ハンガリー狂詩曲」の構築も見事。これらリストの作品では強靭なダイナミズムの持ち主であることも明示する。この日の演奏を聴いて、彼が、確かな技巧を音楽表現に直結させるピアニストであり、聴衆の心に強く訴えかける音楽家であることを実感した。

さて、来る2月ハリトーノフは、パヴェル・コーガン指揮/モスクワ国立交響楽団の日本ツアーでソリストを務め、チャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番を披露する。パヴェルは、ロシア・ヴァイオリン界の歴史的大家レオニード・コーガンの子息で、18歳のときシベリウス国際ヴァイオリン・コンクールで優勝しながらも指揮者に転身。37歳でモスクワ国立響の音楽監督に就任し、25年余の佳きコンビネーションを築いている。モスクワ国立響は、1943年に創設され、幾多の名指揮者のもとで成長。パヴェル・コーガンとのコンビで世界的評価を獲得し、国外ツアーを含めて年間100以上の公演を行っている。過去に客演したソリストは、オイストラフ、ギレリス、コーガン、リヒテル、ロストロポーヴィチなど大巨匠がズラリ。ハリトーノフもここに連なることになる。もちろん今回、地元の名コンビのサポートが、心強い味方となるのは言うまでもない。
ハリトーノフ新2極小.jpg
チャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番は、同ジャンル史上屈指の人気作。ロシアの民族情趣と西欧的なロマンを併せ持つダイナミックな名曲だ。ハリトーノフにとって最も近しい作品であり、チャイコフスキー・コンクールの本選で弾いているから、仕上がりも完璧であるのは間違いない。それに実は、リサイタルで「熱情」ソナタを聴きながら思ったのが、「彼が弾くチャイコフスキーの協奏曲は、さぞや素晴らしいであろう」だった。「熱情」の振幅の大きな曲調に即したハリトーノフのピアノの質感や表現が、この曲を想起させたのだ。それゆえ今回の日本初披露への期待は限りなく高い。 チャイコフスキー・コンクールゆかりの協奏曲を弾く本公演。
今回、絶好のタイミングで実現する、話題の俊才との出会いを、逃してはならない。

柴田克彦(音楽評論家)
posted by 神奈川芸術協会 at 10:59| 公演情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月14日

シャルル・リシャール=アムラン&小林愛実 ショパン・コンクールでの演奏!

2016年5月26日(木)1:30開演 横浜みなとみらいホール
別刊アフタヌーン・コンサートvol.1
シャルル・リシャール=アムラン ピアノ・リサイタル

2016年7月13日(水)1:30開演 横浜みなとみらいホール
別刊アフタヌーン・コンサートvol.2
小林愛実 ピアノ・リサイタル

ショパン・コンクール2015を沸かせた2人のピアニストが横浜にやってくる!
それぞれによる待望のソロ・リサイタルが実現です。

コンクール会場で喝采を受けた2人の演奏をぜひご覧ください!

シャルル・リシャール=アムラン 【ソナタ第3番 ロ短調 op.58】


小林愛実 【スケルツォ第1番 ロ短調 op.20】


posted by 神奈川芸術協会 at 17:27| 公演情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする